検索で上位にくる方法とは?こんな場所を狙っていく!

検索で上位にくる方法としてこの場所を狙う必要がある!

 

前回は

メインのキーワード+サブのキーワード
を組み合わせてライバルを避ける

という方法を解説したね。

 

この方法を使えば
検索件数を減らすことが出来るから、

その結果
ライバルを減らすことに繋がる。

 

だけど、

更にライバルを避けて
検索上位に表示させる方法がある

と言ったらあなたはどう思う?

 

その方法を知りたいと思うよね?

 

なので今回は
更にライバルを避ける方法を解説するよ。

 

 

検索のライバルを避けて上位表示する方法とは?

更にライバルを避けて
検索結果で上位に表示される方法とは

 

ライバルが弱いところを狙う事だよ。

 

「ライバルが弱いところを狙う?
 前回説明した方法と何が違うの?」

と思うだろうけど、

 

確かに前回

 

ライバルを避けて検索で上位を狙う為に

メインのキーワード+サブのキーワード

を組み合わせて検索件数を減らすことで、
ライバルを少なくする。

 

と解説をしたね。

 

だけど、

キーワードを絞って
ライバルの数を少なくしても、

少ない場所にいるライバルが強力だと
検索で上位表示されなくなってしまう。

 

「少ない場所にいるライバルとは
 一体どういう事なのか?」

というと、

 

例えば
何かキーワードを検索したときに

 

・会社HP等の公式サイト

・Yahoo!知恵袋等の質問サイト

・Wikipedia等の辞書サイト

・Amazon、楽天等の通販サイト

 

が上位に表示されてるのを良く見るけど、

 

これらのサイトは

検索で上位表示されやすいように
作り込まれているサイトなんだよ。

 

※追記

Yahoo!知恵袋等の質問サイトは
ライバルが弱いところだと判明

詳しくはこちら

 

なので、

もし、これらのサイトが
検索結果の上位に並んでいた場合、

 

例え検索件数が少なかったとしても

あなたのブログが上位表示される確率は
かなり低いと考えていいだろう。

 

例えるなら

少ない人数のマラソン大会だけど
参加するランナーがオリンピック出場レベルの選手ばかり

という状態なのだ。

 

そんなマラソン大会に参加したところで
あなたは上位に入賞することが出来るだろうか?

絶対に出来ないはずだ。

 

だけどもし、

出場者が小学校低学年ばかりのマラソン大会で
上位に入賞をしなさい

と言われた場合、
あなたはどう思うだろうか?

 

当然、

上位に入ることが出来る

と思うはずだ。

 

ライバルが弱いところを狙う

というのもそれと同じで、

 

検索で上位に表示されるためにも
強いライバルが多くいる場所ではなく、

弱いライバルが多くいる場所を狙って
キーワードを選んでいく必要がある。

 

そうすることで、

弱いライバルを抜いて
記事を検索の上位に表示させることができるし、

 

その結果、

ブログのアクセスをアップされることもできる。

 

だからこそ、
検索で上位になるために

ライバルが弱いところを狙う

という方法をとる必要があるよ。

 

ライバルが弱いところを探す方法は
この記事で解説をしているよ。

 

ブログを検索上位に表示する為に!ライバルが弱い所を狙うには?


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

“検索で上位にくる方法とは?こんな場所を狙っていく!” への17件のフィードバック

  1. プヨ猫 より:

    ヨハネスさん、こんばんは。

    前回に引き続き、キーワード攻略ですね。

    複合キーワードだけでなく、
    キーワードプランナーの使いこなし術でしょうか?

    正攻法ですよね。
    私の場合は、さらにというか、
    タグ攻略になるかな?

    html、勉強して良かったw。

    応援完了です♪
    また遊びに来ますね。

    • yohanesuyohanesu より:

      >プヨ猫さん

      どうもこんにちは

      少し似ていますが
      ちょっと違うかなというところですね。

      確かにHTMLを勉強していると
      後で役に立ちますね。

      私も勉強していてよかったと感じます

      応援しております

  2. まつしま より:

    こんにちは。

    記事の内容もそうですが、
    文章の中のたとえが
    わかりやすくて参考になりました。

    応援ぽちしておきます。

    • yohanesuyohanesu より:

      >まつしまさん

      どうもこんばんは

      文章の例えが分かりやすいと言ってモラルと
      こちらとしても嬉しいです。

      例えた甲斐がありますね

      応援ありがとうございます

  3. 三上 より:

    ヨハネスさん、こんばんは。

    そうなんですよね。
    上位表示にはライバルの数よりも
    ライバルの質の方が大事ですね。

    小学生低学年の表現、納得です。
    応援しています、ポチッと。

    • yohanesuyohanesu より:

      >三上さん

      どうもこんばんは

      上位表示を狙うにしても
      強力なライバルがいたら上位にいけませんね。

      そう言ってもらえると
      私としても嬉しいです。

      応援ありがとうございます。

  4. ヨハネスさん、お疲れ様です。

    前回に引き続き、キーワード検索について大変参考になる記事ですね。

    確かにたとえ数が少ないところでも、
    強者がうようよいるところではなかなか勝ち目はないと思います。

    ライバルが弱く、自分が目立てるところをねらって行ける方法、良いですね。
    次回記事楽しみにしております。

    応援してます。

    • yohanesuyohanesu より:

      >盛屋さん

      どうもこんにちは

      私もトレンドを始めた最初のうちは
      ライバルの事を考えていなかったので、

      なかなか上位へ表示されることが
      出来ないでいましたね。

      だからこそ、
      ライバルが弱いところを狙っていくべきなのです。

      応援しております。

  5. なみてぃ より:

    ヨハネスさんおはようございます♪

    なみてぃも量産アフィリをしていた頃は検索からのアクセスオンリーだったので、ライバルが強いところは避けてましたね。
    知恵袋や価格コム、@コスメなどはライバルに入れてませんでしたけど、コーポレートサイトが出てきた時点でスルー決定でしたw

    トレンドアドセンスも面白いですね~(^^)

    応援ぽち♪

    • yohanesuyohanesu より:

      >なみてぃさん

      どうもこんにちは

      会社のHPは色々と対策してますから
      コレを抜いて上位に入るのは難しいです。

      だから強力なライバルを避けるのは
      とても重要なことになりますね。

      応援ありがとうございます。

  6. asano より:

    ヨハネスさん、こんにちは。

    自分に出来ない所を見定めて、そこを受け入れたうえで勝負できる場所を探すのですね。

    やみくもにSEO対策すればいいものではないと。
    次回のキーワード選定の記事も楽しみにします。

    応援しています。

    • yohanesuyohanesu より:

      >asanoさん

      どうもこんばんは

      どうしても勝てない相手は
      世の中にいますから、

      そういうところで勝負するのではなく、
      勝てる可能性があるところを狙っていくべきですね。

      応援しております。

  7. ヨハネスさん、
    いつもためになる情報をありがとうございます。

    ブログにアクセスを集める方法、
    興味を持って読ませて頂いています。

    ライバルサイトの存在を確認して、キーワードを
    仕込んでいく。

    私も工夫していくようにします。

    応援ぼちりました。

    • yohanesuyohanesu より:

      >直生佐宗幸さん

      どうもこんばんは

      ライバルのチェックをしておかないと
      それが強力なライバルがいる所なら

      上位に表示することが出来ないですからね。

      工夫をしていくのは大事ですね。

      応援ありがとうございます。

  8. まさ より:

    ヨハネス@元警備員
    さんこんばんは
    検索のライバルを避けて上位表示する方法で
    メインのキーワード+サブのキーワード
    少ない場所にいるライバルとは
     一体どういう事なのか?

    たとえが、参考になりました

    ライバルが弱いところを探す方法が楽しみです

    応援済です。

    • yohanesuyohanesu より:

      >まささん

      どうもこんにちは

      強力な存在がいると
      上位に表示するのがとても困難です。

      だからこそ
      弱いところを狙っていかないと上位にならないのです。

      応援ありがとうございます。

  9. にこる より:

    こんにちは。

    勉強することが多くてまだ
    キーワードプランナーを使いこなせていません^^;

    上位表示目指そうと思うと
    やることが多いですね。
    参考にさせていただきます。

    ポチさせていただきました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン