キーワードをタイトルの中に入れる意味とは?

キーワードをタイトルに入れるのには
ちゃんと意味が存在する?

 

前回は

ライバルが弱いキーワードの見つけ方

を解説したね。

 

このキーワード選定方法により

ライバルが弱い所=検索で上位に表示されやすい所

を見つけていくのだけど、

 

ただ上位表示されるところを見つけたら
それで終わりというわけではなく、

タイトルの中にキーワードを入れなくてはいけない。

 

「なぜタイトルにキーワードを入れるのか?」

というと、

 

タイトルは人の注目を集めるためのものだから

 

例えば

私はデパートへ行った時に
トイレへ行きたい気分になった。

 

私は当然トイレを探すのだけど、

トイレを探す時に
私はまず最初にどこに注目したと思う?

 

答えは

トイレの表記がどこにあるかだ

 

表記がある事はつまり
近くにトイレがあるという事だから、

私はまず表記を探した。

 

そして、
トイレの表記を見つけることが出来たので

私はその近くに設置されていた
トイレの中に入ることが出来た。

 

インターネットで検索された時に
表示されるタイトルもこの例と同じで、

 

あなたも
インターネットで何か調べる時、

検索欄に知りたいキーワードを入力して
情報を調べるよね?

 

知りたいキーワードで検索した後、
まず最初に見るところと言えばどこかといえば

当然、

検索結果で表示されているサイトのタイトルだよね。

 

そして気になるタイトルを見つけたら
それをクリックしてサイトに訪問するね?

 

つまり、

タイトルというのは
表記であり、入り口なんだよ。

 

だからこそ、

検索を見る人に分かりやすいように
キーワードをタイトルに盛り込む必要がある。

 

例えば
前回に例として出した

マック メニュー 値段

というキーワードを
記事のタイトルの中に盛り込んでいくんだよ。

 

キーワードを盛り込むことにより、

マック メニュー 値段

について情報を知りたいと思ってる人が
検索をかけてきた時、

 

キーワードが盛り込んである
あなたの記事に目が行くことになり、

その結果、

興味を持ってあなたのブログへアクセスする

という事になるんだ。

 

だからこそ
キーワードを見つけることが出来たら、

タイトルの中にキーワードを盛り込む

という事をしていくべきなんだ。

 

そうすることで

「このページは検索キーワードに関連したページだ」

と認識をされて
検索上位に来る可能性が上がるんだよ。

 

なので、

検索で上位を狙うためにも
キーワードをタイトルの中に入れていこう。

 

とは言っても

ただキーワードをタイトルの中に
入れていけばいいわけではないよ。

 

それについては下記の記事で解説してるよ。

 

タイトルをつける時に効果的なキーワードの入れ方とは?


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

“キーワードをタイトルの中に入れる意味とは?” への8件のフィードバック

  1. ヨハネスさん、お疲れ様です。

    確かにタイトルと言うのは、
    記事の本文内容を示す本来の目的以上に、
    ブログへの検索結果や、
    記事そのものに興味を持ってもらう為の非常に重要なポイントですね。

    読み手が気になるキーワードがタイトルに含まれていたら、
    やはり本文も気になり読んでみたくなります。

    キーワードを入れるにもポイントがあるようですね。
    次回も楽しみにしています。

    • yohanesuyohanesu より:

      >盛屋さん

      どうもこんにちは

      タイトルは記事に興味を持ってもらうために
      とても大事になりますからね。

      読み手に興味を持ってもらうためにも
      キーワードを入れていくわけですから

      そのあたりをちゃんとしていかないとですね。

      応援ありがとうございます。

  2. はじめまして、
    アドセンスマスター@ふうか
    と申します。

    記事更新をするにあたり、キーワード
    はかなり大事ですね。

    わたしも、かなり気を使っています。

    なかには、キーワードの埋め込みすぎで、
    タイトルが文章になっていない方も、
    いらっしゃいますが…汗

    上位表示はするとは思いますが、やはり
    読むのは人間なので、そこらへんも気を
    使う事も大事ですよね。

    応援させて頂きました。
    また、覗かせて頂きます。

    • yohanesuyohanesu より:

      >ふうかさん

      どうもはじめまして

      キーワードをタイトルに入れるのには
      本当に大事ですからね。

      キーワードを付けると言っても
      ちゃんと読めるものになってないと
      ひきつけられることないですからね。

      読者は人間なのだという事を
      しっかり意識して行かないとです。

      応援ありがとうございます。

  3. プヨ猫 より:

    ヨハネスさん、こんばんは。

    そうですね。
    タイトルは入口、ですよね。

    欲しい物やしたいことについて、
    ココにあるよ!
    と示されたら飛びつきたくなりますものね。

    だからこそ、タイトルにはキーワードを、と。

    応援完了です♪
    また遊びに来ますね。

    • yohanesuyohanesu より:

      >プヨ猫さん

      どうもこんにちは

      タイトルは入り口だからこそ、
      ココに欲しいものがあると
      提示をしていかないとダメですね。

      タイトルは人が見るものですから
      興味をもたれるようにしないとです。

      応援ありがとうございます。

  4. hirosati より:

    ヨハネスさん、いつもブログを読んでくださりありがとうございます。

    >タイトルの中にキーワードを盛り込む

    大事なことですね。

    今日も勉強になりました、ありがとうございます。

    応援、ポチッ。

    • yohanesuyohanesu より:

      >hirosatiさん

      どうもこんにちは
      こちらこそブログを読んでくれてありがとうございます。

      キーワードを盛り込むからこそ
      検索で記事を見つけてもらえますから

      ちゃんと入れていかないといけませんね。

      応援ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン