アドセンス広告の種類でクリックされやすいのはどれ?

アドセンスの広告には種類が色々あるけど
クリックされやすいのはどれ?

 

アドセンスは広告がクリックされるだけで
収入が入る仕組みになってる

 

 なので、

アドセンスアフィリエイトは
初心者でも稼ぎやすいと言える。

 

そんなアドセンス広告で気になる点としては

アドセンス広告には色々種類があるけど
クリックされやすいのはどれなのか?

という点だろう。

 

なので今回は

アドセンス広告の種類の中で
くりっくされやすいもの

についてまとめてみた。

 

 

アドセンス広告の種類ではこれがクリックされる?

アドセンス広告は

広告を貼る位置とか
ブログの作り等によってクリック率も変わってくるので

 

一概にどんな種類の広告が
一番クリックされやすいのか?

というのは断定はできないのだけど、

 

強いてあげるとすれば

 

レスポンシブ広告

 

がアドセンス広告の種類の中では
クリックされやすいと私は思う。

 

 

レスポンシブ広告というのは

 

レスポンシブ広告

 

パソコンで見ると
こんな感じの広告であり、

 

レスポンシブ広告の特徴としては

見ている画面のサイズに合わせて
アドセンス広告のサイズが変わる

というところである。

 

基本的にアドセンス広告の種類は

336×280

300×250

と言った感じで
広告のサイズが決められてるものが多い。

 

だけど、

レスポンシブ広告は
特に広告のサイズが決められていないため

PCやスマホ、タブレットの画面サイズに合わせて
広告のサイズが変化するのだ。

 

 

レスポンシブ広告のメリット

それで

画面サイズに合わせて広告サイズが変化するのに
どんなメリットがあるのか?

というと、

 

画面に合わせたアドセンス広告が表示されるので
広告がクリックされやすくなる

という部分がある。

 

アドセンス広告のうち
クリックされやすいものとしては

 

336×280

300×250

 

といった広告サイズがある。

 

336×280の広告

 (ちなみに336×280の広告でこれくらいのサイズ)

 

だけど、

これらの広告は
サイズが固定されてしまっている分、

 

スマホ等の狭い画面で見ると
画面から広告がはみ出してしまう

なんてことが起きかねないのだ。

 

だけど、

レスポンシブタイプの広告なら
画面に合わせてサイズ変更してくれるので、

 

見てる画面に対してぴったり合った
広告を表示してくれるのだ。

 

そうなったら

アドセンス広告が
クリックされやすくなる為に、

報酬アップへとつながる

ということなのだ。

 

近年では

スマホが普及しているので
スマホからのアクセスの方が多いからね。

 

だから、
スマホからの読者に対応するために

レスポンシブ広告を貼るのが
一番クリックされやすいかな

と私は考えているのだ。

 

ちなみに

アドセンス広告の取得方法は
下記の記事で解説しているよ

2次審査の為にアドセンス広告を取得しよう!

 


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン