購入意欲の高い読者を集めるキーワードとは?

購入意欲が高い読者を集めるには
こんなキーワードを用いる?

 

アフィリエイトにおいて

ブログから商品を購入してもらう

というのは重要だけども、

 

 実は

購入意欲が高い読者を集める
とっておきのキーワードが存在していた

 

 

購入意欲の高い読者を集めるキーワードは?

購入意欲の高い読者を
集めるためのキーワードというのが

 

 

 

商品名+購入

といった感じのキーワード。

 

なんで

商品名+購入

というキーワードが
購入意欲が高い読者を集めるかと言えば、

 

商品名を知ってる読者というのは

その商品に興味を持ってる読者

という事になり、

 

さらに、

購入

というキーワードを入れるという事は

 

既にその商品を
購入しようと考えてる可能性が高い

という事になる。

 

 

例えば

薄毛+育毛剤

で検索する人がいた場合だと、

 

薄毛に関して悩んでいるから
効果のある育毛剤を探してるという事だけど、

どの育毛剤を買うかまだ決めてない状態だったり
買うか買わないかも決めかねてない状態だったりする。

 

どの育毛剤を買うかとか
そもそも買うか買わないか迷ってる段階だと

 商品を購入してもらう

という段取りに来てもらうまでの距離が遠くなるし

 

商品を購入してもらうという所まで来る距離が遠いと

商品を購入する可能性も低くなる。

 

なので、

商品名+購入

といったように、

 

商品名を知っていて既に関心があり、

更に購入したい気持ちを持ってる読者を
集められるキーワードは

 

 

購入に至るまでの距離が短く
アクセスがそんなになくても売れる場合もある

という事。

 

 

他にも

 

商品名+口コミ

商品名+効果

 

といったキーワードも

商品に対して関心を持っていて
それに関する口コミや効果を調べてる段階なので、

 

 

商品名を含んだキーワードは
購入までの距離感が短いキーワードと言える。

 

なので、

ブログで紹介した商品を
購入してもらうために

 

商品名+購入

商品名+口コミ

商品名+効果

 

といった感じの
商品名を含むキーワードを使う事で

 

購入意欲の高い読者を集めて
あわよくば購入につなげる事ができる。

 

ただ、

あまり商品名を含むキーワードばかりに
こだわっていても、

キーワードの幅が狭くなってしまうし、

 

あくまでもアフィリエイトブログは

読者の悩みを解決する

等をメインとしていて

紹介する商品も

読者の悩みを解決してくれる商品

という事だから、

 

ブログの内容は
人の役に立つ情報を書いた記事を充実させて

 

商品名を含むキーワードを使う場合は

ここぞ

というタイミングで使っていくのが
オススメだと言える。

 

商品ばかり紹介してるブログは
正直売り込みが強い印象を与えるし、

それによって購入意欲を下げる場合もあるからね。

 


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

“購入意欲の高い読者を集めるキーワードとは?” への3件のフィードバック

  1. とっしぃ より:

    こんにちわ!
    なるほど!!
    購入意欲の高い人のキーワード!!
    ものすごく効果を期待できるとおもいました!
    そこには頭が回っていなかったので早速実践してみようと思います!
    ありがとうございました!!

    • yohanesuyohanesu より:

      とっしぃさん

      どうもこんにちは

      読者を教育していくよりも
      最初からその商品に興味ある人を集める方が
      商品購入までの距離が短くなります。

      応援ありがとうございます。

  2. 芝田優作 より:

    初めまして!
    ブログランキングから参りました芝田と申します。
    キーワードにも目を引かれたのですが
    >あまり商品名を含むキーワードばかりに
    こだわっていても、
    キーワードの幅が狭くなってしまう

    と最後付近の言葉にハッと気づかされました!
    ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン