301リダイレクト設定がSSL化で必要になる?

SSL化に伴い301リダイレクト設定が必要になってくる?

 

 以前に

SSL化を行うにあたって必要になるプラグイン
について解説を行ったけども、

 

(詳しくはこちらを参照↓

SSL化にあたって必要になるプラグインとは?)

 

SSL化にあたって

ブログ内の内部リンクや画像のリンクを
httpからhttpsに変換する以外でも

 

301リダイレクト設定

が必要になってくる。

 

301リダイレクト設定って
一体どんな設定なのかといえば

 

httpでアクセスされたURLを強制的に
https等の任意のURLへ飛ばす方法

のことを言うよ。

 

例えば
SSL化を行った際にブログのURLが

httpからhttps

に変換されることになるのだけど、

 

もし自分のブログのURLが

SNSやランキングサイトなどの
外部のサイトに掲載されていた場合

 

SSL化によって
httpからhttpsに変更されてたら

httpsに変換された後のブログには飛ばなくなってしまう。

 

 

何故かといえば
httpからhttpsに変換したことによって

 

http:○○○.com

https:○○○.com

 

の2つのURLは別の物として扱われるので

外部のサイトでURLをクリックしても
変更後のサイトへ移動することができなくなる

ということ。

 

引っ越しをして住所が変わってしまっても

相手がそれを知らなければ
手紙を出しても届かないのと一緒だね。

 

そしてそうなってしまえば
ブログのアクセスも減少してしまうことになる。

 

だからこそ、
301リダイレクト設定を行うことで

 

外部のサイトに貼ってあるhttpのURLを強制的に
httpsのURLに飛ぶよう設定する必要がある。

 

 

301リダイレクトの設定方法とは?

301リダイレクトの設定方法は

Simple 301 Redirects

というプラグインで比較的簡単に行うことができるので
早速設定をしてみよう。

 

 

プラグインをインストールしたら

 

Simple 301 Redirects

 

設定⇒ 「301 Redirects」

といった感じでクリックしよう。

 

 

設定⇒ 「301 Redirects」

 

そして

左側にSSL化する前の”http”のURLを入力し
右側にSSL化した後の「https」のURLを入力しよう。

 

入力が終わって

変更を保存

をクリックすれば完了だよ。

 

こんな感じで簡単に
301リダイレクトの設定を行うことができるよ。

 

 

301リダイレクト設定まとめ

最後にまとめておくと

外部に張ってあるままのhttpのURLを
そのまま放っておくと自分のブログに訪問してもらえなくなる。

 

だけど、

外部のリンクを1つ1つ変更していくのは
正直苦労するだろうと思うから、

 

301リダイレクト設定を行うことで
簡単にSSL化後のブログへリンクを飛ばすことができるよ。

 

そして301リダイレクト設定も
プラグインを使えば簡単にできるので

ぜひともやってみてほしい。

 


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン