アドセンス審査は記事の文字数も重要なのだ!

文字数が少ないとアドセンスの審査に通らない!?

 

アドセンス審査用ブログの設定が終わり、
早速記事を書こうと思っているところでしょうが

ちょっとそこでストップ!

 

アドセンスの審査用ブログの記事は
ただ書けばいいというわけではなく、

文字数つまり記事の文字の数

が少なすぎる記事(例えば100~200文字の記事)
を書くのはダメです。

文字数

 

「何故文字数が少ないとダメなのか?」

といいますと、

 

例えばあなたが子供向けの絵本を読んだ場合、
どれくらいの時間で読み終わりますか?

そんなに時間をかけずに
読み終わってしまいますよね?

 

なんでそんなに早く
絵本を読み終わるのかというと、

当然子供向けの絵本は
文字数がとっても少ないからです。

 

これはブログの記事も同じで、

文字数が少ない記事は
読者がすぐに読み終えてしまいます。

 

すぐに読み終えてしまうと
ブログにいる理由もなくなるので、

読者はブログから去ってしまいます。

 

その結果、

アドセンスの広告をクリックされる機会が
とても少なくなってしまうのです。

 

アドセンスの広告を提供するのは
あくまで広告の宣伝をするためなので、

文字数が少なくて
読者がすぐに読み終わるような記事は

Googleにとって好ましくありません。

 

なので

文字数が少ない記事は
内容が薄く価値のない記事である

とGoogleに判断されます。

(一応補足しておきますが、

 私は例として子供向けの絵本を出しましたが、
 別に子供向け絵本は内容が薄いと言ってるわけではないので

 その辺り誤解なされないようお願いします。)

 

それでは逆に

どれくらいの文字数の記事を書けばいいのか?

といいますと、

 

アドセンスの審査用ブログの
1記事あたりの文字数は

どれくらい書けばいいというのは
具体的に決まっていません。

 

ですが、

私がアドセンス審査に通ったときのブログは
1記事当たりの文字数は

大体650~750文字でした。

 

なので私の経験から

650文字以上書けばアドセンスの審査に通る

という結論になります。

 

なので
アドセンス審査用の記事を書くときは、

1記事の文字数は
最低でも650文字以上を目標としましょう。

 

650文字と聞いて、
あなたは「多い!」と感じてるでしょう。

ですが、アドセンスで稼ぐ為には

文字数の多い記事を更新し続けないとダメです。

 

どれくらいの文字数かというと、
私の場合だと、

毎日800~1000文字以上の記事を
更新していますから、

アドセンスのブログを更新し続けるなら
最低でもこれだけの文字数は必要です。

 

とは言っても最初から
1000文字も書くのは厳しいと思いますので、

アドセンス審査のブログを書く段階で
記事を更新することに慣れておく必要があります。

 

アドセンスの審査用ブログを作るのは
審査に通るという目的もありますが、

同時に

ブログを更新するための練習です。

 

最後に文字数が重要と言っても

「自分でどれくらいの文字を書けているか?」

というのはよくわかりませんよね?

 

ですが、安心してください。

インターネット上には
文字数をカウントしてくれるサイトがあります。

下の方にリンクを貼っておりますので、
ぜひともご活用ください。

 

文字数をカウントしてくれるサイトはこちら

 


記事をお読みいただきありがとうございます

最後まで記事をお読みいただき
まことにありがとうございます。

当ブログを応援してくださると
今後の励みになります。

にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



関連記事一覧

月に10000円稼ぎ続ける為のメルマガ講座

アドセンスで月に10000円稼ぐ為の講座

自由への道を切り開く秘密はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

FXナンピン